madras History
本物を追い求めてきた歴史

1946年にイタリア・ヴェネツィア郊外のバッサノで誕生し、1965年より日本に上陸したシューズブランド。
イタリアの伝統的なクラフトマンシップは継承しつつ、
常に現代の洗練されたデザインを取り入れ、長きに渡り靴づくりを行ってきました。
シャープでエレガントなシルエットながらも、
日本人の足にフィットする本物の履き心地にこだわり、
GORE-TEX®ファブリクスなどの革新的機能も取り入れて日々進化し続けているブランドです。

ブランド誕生の経緯

1946年 イタリア人 Valentino Piccolotto (バレンチノ・ピコロット氏)が、ベネチアから北西に約50km郊外の Bassano del Grappa(バッサノ・デル・グラッパ)に靴工場を作り、Calzaturificio madras di valentino piccolotto S.P.A という会社を設立した。

ブランド名の由来

初期の頃に生産していた靴は、高品質のキッドを使用した手縫いのモカシン。この高級素材はイタリアで鞣すのだが、原材料となる原皮はインドのマドラス地方で入手できるものだった。 この高品質の革を生産する地"madras"に敬意と感謝を持って社名にした。

ブランドマークの由来

madrasのシンボルマークは、ベネチアのシンボルである 「Leone Alato」(有翼の獅子)(羽根の生えたライオン)が基になっている。
ベネチアの翼付きライオンに地球儀を加えたのは、"madras"というブランドや商品が世界へ 浸透していけますようにという願いが込められている。

madrasブランド誕生
イタリア・ベネチア郊外のバッサノ・デル・グラッパにて、バレンチノ・ピコロット氏によりバレンチノ・マドラス社が創立され、madrasブランドが誕生した。その後、イタリア有数の高級靴メーカーへと成長。

1946年

1957年

特許取得

バレンチノ・マドラス社と、日本の旧:亜細亜製靴株式会社(現:マドラス株式会社)の技術提携により、日本にmadrasブランドが上陸。日本全国の百貨店・専門店にて取り扱われるようになった。

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1970

80年代

ミラノ旗艦店をはじめ、トリノやバッサノ・デル・グラッパなどイタリアで数店舗の路面店を展開。
(現在は閉店)

1970年

1972年

1973年

1976年

1977年

1979年

1980年

ロサンゼルスのロデオドライブに路面店を出店。(現在は閉店)

1983年

イタリアにてファッションショーを開催。

1985年

1987年

1989年

1980年代
後半

日本でテレビCMを放送(岡田真澄・高岡早紀などを起用)

madrasのディフュージョンライン「MODELLO」を発表し、イメージキャラクターにチャーリー・シーンを起用。

1990年

1991年

ブラバムF-1チームとスポンサー契約。

全世界のmadras商標権が、イタリアのバレンチノ・マドラス社から日本のマドラス株式会社へ譲渡された。

1994年

1995年

1998年

2001年

GORE-TEX®ファブリクス搭載のブランド「madras Walk」発表。

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

madras銀座旗艦店オープン。

2011年

madrasブランドのGORE-TEX®ファブリクス搭載シリーズを発売。(メンズ)

2013年

香港APLF紳士靴部門大賞を受賞。

2015年

日本上陸50周年記念モデル発売。

Rcoシリーズ発売。(レディース)

2016年

現在

日本全国の百貨店・直営店、約110店舗で、
madrasブランドは展開し、現在も拡大し続けています。

本物へのこだわり

マドラスは、イタリアの靴づくりの伝統を踏襲しながらも、 日本人の求める快適な履き心地と機能性、そして美しいデザインを追求し続けてきました。

熟練の技と最先端のテクノロジー

熟練の技と
最先端のテクノロジー

伝統のクラフトマンシップは、いつも揺るがない。 いつまでも鍛え続けられる。

伝統の技術

新しい靴づくりの裏には、伝統の技術が活きている。 マドラスだからできる技術の進化。