沿革

※会社名の記述がないものは、現在のマドラス(株)の沿革です。

1921年(大正10年) 亜細亜製靴株式会社として設立。 米国からグッドイヤー・ウエルト式製靴機械を輸入し、操業を開始。
1922年(大正11年) 東京支店を開設。
1937年(昭和12年) ドイツ、イギリスなどから最新式製靴機械を輸入し、コンベヤーシステムを採用。 マッケイ式製靴の生産を開始。
1947年(昭和22年) 株式会社アジアを愛知県名古屋市中区栄3丁目15番34号に設立。
1951年(昭和26年) 大阪営業所を開設。
1952年(昭和27年) 全国靴コンクール優勝
1958年(昭和33年) 日本工業規格(JIS)工場に指定される。福岡営業所を開設。
1963年(昭和38年) アジア販売株式会社(現レデイマドラス株式会社)を設立。
1965年(昭和40年) イタリアの世界的高級靴メーカー「マドラス社」と技術提携。
1970年(昭和45年) 通産省より輸出貢献企業として表彰。
広州交易会にて中国製靴輸入契約に調印。
1978年(昭和53年) アジア販売株式会社をレデイマドラス株式会社に商号変更。
1981年(昭和56年) スポーツマドラス株式会社を設立。
1983年(昭和58年) 社名をマドラス株式会社に変更。札幌支店を開設。
1984年(昭和59年) マドラスファッション株式会社を設立。
1990年(平成2年) madrasのディフュージョンライン「MODELLO」を発表し、チャーリー・シーンをイメージキャラクターに採用。
1991年(平成3年) ブラバムF-1チームとスポンサー契約
1994年(平成6年) 全世界のマドラス商標権をイタリア、バレンチノ社より譲渡。
1997年(平成9年) 百貨店事業部を分離・独立させマドラスインターナショナル株式会社を設立。
営業部門を分離・独立させてマドラスコーポレーション株式会社を設立。
北海道地区の各部門を分離・独立させ北海道マドラス株式会社を設立。
1998年(平成10年) 物流部門を統合し、一宮物流センターを開設。
2000年(平成12年) 大口工場を開設。
本社機能を愛知県名古屋市中区栄2丁目15番6号に移転。
2002年(平成14年) GORE-TEXRファブリクス搭載のブランド
「madras Walk」発表。
2008年(平成20年) 北海道マドラス株式会社をマドラスコーポレーション株式会社に吸収合併。
マドラスファッション株式会社と株式会社アジアを合併して、マドラスファッション株式会社を設立。
2011年(平成23年) マドラスコーポレーション株式会社、マドラスインターナショナル株式会社、スポーツマドラス株式会社をマドラス株式会社に合併
2011年(平成23年) マドラス株式会社創業90周年を迎える。
Think!表参道OPEN
マドラス銀座旗艦店OPEN
マドラス初の本格的スニーカーブランド「JADE」発表
2012年(平成24年) マドラスレディスセレクション栄地下店OPEN
2013年(平成25年) マドラス株式会社東京支店を東京本社と改称
JADE原宿店OPEN
マドラス株式会社大口工場を本社工場と改称
クラウン社を事業譲受し事業開始
2014年(平成26年) マドラス株式会社、レデイマドラス株式会社、マドラスファッション株式会社の組織変更
東京本社 madras、MODELLOショールームとしてリニューアル
2015年(平成27年) madras 栄地下店 OPEN
madras ZOZOTOWN店 OPEN
2016年(平成28年) madras 大名古屋ビル店OPEN
2017年(平成29年) madras 長島店OPEN
JADE 渋谷109MEN'S店OPEN
香港初のmadras shop OPEN
MODELLO by madras 流山おおたかの森S・C店OPEN
2018年(平成30年) マドラスメンズセレクション 北千住マルイ店 OPEN
マドラスメンズセレクション溝口マルイ店 OPEN
タイ王国バンコク最大級の商業施設ICONSIAM(アイコンサイアム)内
「サイアム高島屋」で紳士靴販売開始